1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:45:03.95 ID:2yxM9uLF0
光ちゃん誕生日おめでとう

スレタイはこんなんだけど
エロはないです
マジキチとかでもないです

短いですがよろしくお願いします
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:46:19.34 ID:2yxM9uLF0
晴「ちょ!?な、何しやがったアンタ…臭え!?なんゲホッゲホッ…オエッ」


志希「にゃははごめんごめん。手が滑っちゃってね~フラスコの中身撒き散らしちゃった」


晴「ウ ソ だ !明らかに技名言ってただろ!!」


志希「ちょ…あんまり近づかないで……さすがにハスハスできない」


晴「ユグドラ絶許ッ!!!」バッ


志希「いにゃ~ん♪襲われる~」


晴「お前に抱き付いてお前もオレと同じにしてやるぅ!」ハンナキヤケクソ


志希「えーんがちょ!えーんがちょ!」


晴「んにゃろぉお!ちょこまかとぉお!」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:48:14.90 ID:2yxM9uLF0
ガチャリ


小関麗奈「来てやったわよー…クッサ!?」


南条光「こんにち…臭ッ!?」


麗奈「この臭い…これなによ……ついにPが死んだの?腐った?」


光「確かに、なんか夏の雨の日の夕方頃のPさんの体臭を煮詰めてチーズと一緒に焼いたみたいな臭いがするけど」


ガシャーンッ


麗奈/光「「ッ!?」」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:50:36.29 ID:2yxM9uLF0
光「い、一体…ここで何が起きてるんだ!」


麗奈「こ、こんな臭いところにいられないわ!ああアタシは帰るわよ!」ダッ


光「待て麗奈!」


ナ、ナニヨアンタタチッ!!

コ、コナイデッ


光「麗奈!」


麗奈「ぎゅわああああああッ!?」


光「麗奈ぁあああっ!」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:51:50.78 ID:2yxM9uLF0
ズシャア…


麗奈「が…ぐ……」


光「うああああ!」


晴「ふひひ…」


光「は…る…?臭ッ!?」


麗奈「ひ…かる……」フラ…フラ…


光「うあああ!こっち来るな!」


志希「しき汁ぶっしゃー!」ブシャァアアッ


光「ギャアアアアア!!!」


晴「へーい!」パンッ


志希「へーい!」パンッ


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:52:40.03 ID:nbRKopGmO
なにやってだ


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:57:34.02 ID:2yxM9uLF0
麗奈「で?」プーン


志希「ん?」プーン


麗奈「アタシはアンタを殴ってもいいのかしら?」プーン


志希「やー」プーン


麗奈「」イラァ


志希「レイナちゃんがいぢめる~」サッ


光「……それでこの臭いは何なの?ものによってはアタシの中のバイオライダーが覚醒するんだけど」プーン


志希「これは光ちゃんたちのプロデューサーの体臭を100倍くらいに濃厚にしたものだよ~」プーン


光「ゆ゛る゛さ゛ん゛!!」ギュムー


志希「うごごごご」


晴(いいぞもっとやれ)プーン


麗奈「アンタもよぉ!」グリグリグリグリ


晴「うごごごごご」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 01:01:01.23 ID:2yxM9uLF0
光「だいたいプロデューサーがちょっと汗臭かったりするのも、アタシたちのために頑張ってるからなんだからな!こんなことしてからかったらダメだろ!」プーン


志希「わかってるよ~」ケホケホ


晴「わかってるならやるなよ、悪意しかねえだろ……」ズキズキ


志希「そんなんじゃにゃいってば~」プーン


麗奈「じゃあなんだって言うのよ」プーン


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 01:03:27.60 ID:2yxM9uLF0
志希「んーあたし匂いフェチなんだよねー」プーン


晴「知ってるよ!」プーン


志希「にゃはは、だからさ好きな匂いをいつでも嗅いでいたいの。けどね、匂いって同じ人でも日によって変わるし、薄まるよね?」プーン


光「まさか……Pさんの香水でも作ろうとしたの?」プーン


志希「惜しい!正確にはほーこーざい~キャッチコピーは『Pに抱かれて脳汁だくだくこれであなたもクンカーアイドル』!なんてどうですか~?」プーン


麗奈「どこに需要あんのよソレ…」


志希「どこにでもあるのだよ~まあとにかくそんな感じで色々模索してたのねー?」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 01:12:02.57 ID:2yxM9uLF0
そしたらさー


志希『ん?』


お鼻がだんだんバカになってきてねー


志希『いけるか?』


匂いがわかんないからどんどんどんどん濃ゆ~くしていったの


志希『まだいける』


正気に戻った時には


志希『ちょっこれはダメだ』ケポッ


とんでもないことになってたってわけ♪


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 01:18:01.03 ID:2yxM9uLF0
志希「それでさすがにこいつは封印さねば!…と思ってここに持って来たんだけど~」


晴「手滑らせたんだろ…」


志希「……てへ♪」


晴「お前ーーッ!!やっぱわざとだったんじゃねえかぁあ!!」ヨモツヘグリッ


光「気持ちはわかるけど落ち着こう晴」ハクセンノォウチガワニサガッテェオマチクダサイ


志希「にゃふふふふ」


麗奈「何笑ってんのよアンタ!」ダァアクライヴッ


光「麗奈も!まずは落ち着け!」


麗奈「ああん?いい子ちゃんぶってんじゃないわよ光!」


光「い、いいから!後ろ!後ろを見ろ!」


麗奈「はん!」クルッ


千川ちひろ「ふふふ」ニッコリ


麗奈「」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 01:29:35.36 ID:2yxM9uLF0
晴「脱兎の如く!」ダッ


志希「逃っがさにゃい♪」ギュッ


晴「くそがぁ!」


ちひろ「晴ちゃん?アイドルがそんな言葉使っちゃだめよ?」ニコォ


晴「ヒイっ!は、はいっ」


ちひろ「とりあえずこの惨状の説明して…ね?晴ちゃん」


晴(なんでオレなんだよぉ…!)

晴「し、しきにゃんが全部やりました!!」


志希「原因はあたしだけど~暴れて撒き散らしたのははるちんだってばよ」ニャーン


晴「大きい水鉄砲でバシャバシャやってたのはアンタだろぉが!」


志希「にゃーん?」クシクシ


晴「殴りたい…この笑顔に全力でトーキックしたい」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 10:08:21.57 ID:2yxM9uLF0

  げ ん
  こ つ


晴「ごめんなさい……」グズッ


志希「はう~」ズキズキ


麗奈「とりあえずバケツと雑巾持って来たわよ」


光「リセッシュとファブリーズが合わさり最強に見える!」ジャーンッ


ちひろ「はい、じゃあみんなで手分けして掃除しましょう」


志希「ぷ~掃除なんてめんどっちぃなー」


ちひろ「やれ☆」


志希「ひぇえ~ちひろちゃんからシュガーハートちゃんのフレグランスがするよー!」


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 10:09:22.79 ID:2yxM9uLF0
晴「はぁ…臭え」ゴシゴシ


志希「うぇぇ…おぇ」フキフキ


麗奈「あーもうなんでアタシまで」ギュー…ポタポタ


光「よっほっ」シュッシュッ


晴「これが終わればオーストラリアこれが終わればオーストラリア」ゴシゴシゴシゴシ


志希「悔しい!でもハスハスしちゃう!」ビクンッビクンッ


麗奈「ちゃんとしなさいよ鬱陶しいわね!」


光「せいっせいっ」シュッシュッ


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 10:10:53.66 ID:2yxM9uLF0
晴「…………」


光「光実ぇっ!」ブシュウッ


志希「……」ウズウズ


麗奈「…………」


光「宇宙キターーーッ!!!」ブシュウッ


晴/麗奈「「それズルくない!?」」


光「ええ!?」


志希「しき汁ぶっしゃー!」ブシャァアアッ


晴「そんで何やってんだよアンタはッ!!」


志希「だってあたしもぶしゃーってやりたかったんだもん!」


麗奈「もう散々やったでしょ!結果掃除する羽目になってんのよこっちは!」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 10:24:55.69 ID:2yxM9uLF0
ギャーギャーワーワーミツザネェ!!


ちひろ「…………」


鬼「ヒエッ…」


悪魔(アカン)


ちひろ「1…2…3…」


光「あっ…ちょ、もうやめたほうが……」


ちひろ「6…7…8…」


晴「でもこいつが!」


ちひろ「14…15…16…」


志希「ご、ごめんなさいちひろちゃん!」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 11:09:53.28 ID:2yxM9uLF0
ちひろ「……19ダース」


麗奈「な、何が…?」


ちひろ「あなたたちのプロデューサーが買うことになる鍵付きクローゼットの数よ!」バァアンッ


光「そ、そんな!?」


晴「そんなゴミ大量に買ったらPのヤツ金欠で死んじゃう!」


麗奈「ただでさえいつも月末には目に見えて痩せ細ってるのに!だいたいそんな数どこに置くつもりなのよ!」


志希「うー!まじめにやるから勘弁してあげて~!」


ちひろ「許して欲しかったらさっさと掃除する!」


光/晴/麗/志「「はぁい…」」


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 11:38:42.07 ID:2yxM9uLF0
晴「終わった…」


志希「にゃふ…疲れた~」


麗奈「もういや…臭いし…汗だくだし…臭いし…」


光「で、でも…これでPさんの財布は守られたんだよね」


ちひろ「……ま、よしとしましょう。これに懲りたらもう事務所で変な薬品ぶちまけないでくださいね」


志希「わかりましたよーっだ…ぷ~」


晴「こいつ…反省してないぞ」


光「まあ…こういうところが志希さんのいいところだから」


晴(いい…ところ?)


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 12:01:05.42 ID:2yxM9uLF0
ちひろ「みんなが掃除してる間にシャワールームの浴槽にお湯張って来たから、お湯に浸かったり体を洗ったりして頑張って臭い落として来てください!」


晴「おお!やったー!」


光「お金掛かるからって使われたことがない浴槽が始めて活躍するのか!」


麗奈「一番風呂はレイナサマのものじゃ~!!」バッ


晴「あっ!ずりーぞレイナ!」


光「二人ともまってよー!」


ちひろ「……行かないの?」


志希「にゃふふ…あたしはあとで行くよ~あの子たちの脱ぎたて衣服の匂いを嗅ぐためにね♪」


ちひろ(通報通報っと…)ピッピッピッ


志希「通報いや~ん♪早苗ちゃんが来る前に入っちゃおーっと」トタタタ


ちひろ「全く…」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 12:16:39.59 ID:2yxM9uLF0
晴「せまっ…」ギュウギュウ


麗奈「ちょ…光!もっと詰めてよ!」


光「無理だって!これ以上いったら晴が潰れる!」


晴(この頭に当たってる柔らかいのってあれだよな…光ねーちゃんって地味に……くっ)


志希「ぐぇ~!苦しー!でもハスハスハスハスハス!」


麗奈「一ノ瀬ぇえええ!頭の匂い嗅ぐな!だいたいアンタが入って来るからギューギューなんでしょうが!」


志希「いーじゃん!もっとくっつこ~!ほらギュー」ガバッ


麗奈「カニバサミすんなー!」グイグイ


志希「んっ…やんっ…もうレイナちゃんのえっち」


麗奈「ばっ!ばばばば!?」


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 12:30:37.58 ID:2yxM9uLF0
光「くっ…もうダメだ!」グデェ


晴「ああう……」クタァ


麗奈「もう最悪よ…全部アンタにせい」クラクラ


志希「ええ…そんにゃー……」フラフラ


ちひろ「あらら、ずいぶん楽しそうな声が聞こえてたけど、長湯し過ぎて逆上せちゃったみたいね」


麗奈「楽しか…ないわよ…あー気持ち悪い」


ちひろ「飲み物はここに置いておきますね?」コトッ


光「ありがとうちひろさん…ほら、晴…水だよ」


晴「さんきゅ…光ねーちゃん」コクコク


ちひろ「ふふ、それじゃあ私は仕事に戻るから…あっ、お風呂入ったことはみんなには内緒ですよ?」シー


志希「はぁ~い……」グテェ…


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 12:48:40.11 ID:2yxM9uLF0
モバP『ジョファンエミョミャフォンベリャミョデェジョ』


依田芳乃「ただいま戻りましたー」


ちひろ「あっ…お帰りなさい二人とも」ボソボソ


モバP『フォンウデェジダムフォフェシャシャンイフォムフェンデュショ?』


芳乃「どうしてそのように小さな声で話しているのでしてー?」


ちひろ「ふふ、こっち…ソファ見てくださいよ」チョンチョン


芳乃「ほー…これは納得でしてー」


モバP『フォンビリェフォンビリェ……オオ、フォブリョラフォン』


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 12:55:35.23 ID:2yxM9uLF0
光「はぅ……」スースー


晴「くーくー」


志希「むふー」スヤァ…フンフン


麗奈「んん…」イヤイヤ


芳乃「うふふ、実に可愛らしい寝顔でしてー。そなたが幼き頃に、御神木の根をまくらにして眠っていた時を思い出しますー」


モバP『オ、オビリェロシェジェムオゴミョジュジョファンバリャウ』アセアセ


ちひろ(相変わらずどういう関係なんでしょうかこの人たちは……)


芳乃「うふふ、そっとしておくのですー。童の昼寝は神聖なものー、あの子らのプロデューサーが帰って来るまでは、ゆっくりとー眠らせてあげましょうー」


ちひろ「ええ、でも湯冷めしないようにタオルケットだけは掛けさせてね四人とも」スッ


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 13:05:21.06 ID:2yxM9uLF0
ユザメトハドウイウコトデシテー?

エ、ア、アハハー

ネーネー、ワタクシモユアミシタイノデシテー

デ、デモスイドウダイガ…

ネーネー



志希「…しきじるぶしゃぁ…むにゃ」


晴「うぉぉ…やめろぉ…」ウーン


おしまゆ


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 13:09:13.84 ID:2yxM9uLF0
もうすぐ鎧武も終わりですね

フルーツに比べりゃ車なんてインパクトが薄い薄い

はるちんの新SR+の衣装も薄い薄い

あのへそ出し衣装考えたやつは絶対ロリコン変態野郎(褒め言葉)

ここまで読んでいただき
ありがとうございました


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 13:16:10.77 ID:2yxM9uLF0
おまけ-レイナンジョウとはるちんで公式ユニットおにゃーしゃー


光「今日からしばらく新しいユニットで活動することになった。その間プロデューサーも他の人になるらしい」

光「どんな人たちかな~」


天の道を往き総てを司るP「おばあちゃんが言っていた…世界は俺を中心に回っている。だが、ステージの上はお前たちの世界だ」


光「ッ!?」


天の道を往き総てを司るP「お前たちの役目は、自分の世界を創造し…その世界の中心に立つこと。そうすれば人は勝手についてくる……美味い飯屋と同じようにな」


二宮飛鳥「なるほど…いい言葉だ」


神崎蘭子「フッ…造作なきことよ」


輿水幸子「ボクはとっくに世界の中心ですよ!だってボクはカワイイので!」ドドドヤァ


池袋晶葉「そんなことよりさっきのカブトムシをもっとよく見せて欲しい」


南条光「なんて濃いメンバーなんだ!」


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410795893/